妊娠・出産のQ&A

 

サイトについて

妊娠・出産の使い方についてのQ&Aです。

Q.母子健康手帳を紛失した場合、再発行してもらえますか。
A.子ども課窓口で再発行します。お越しいただき、その旨お申し出ください。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
Q.妊娠・出産に関する悩みを相談できるところはありますか。
A.母子健康手帳交付のとき、保健師や栄養士が相談をお受けします。
栄養相談希望の方は、妊娠届裏面をご記入になり、お持ちください。
訪問相談希望の方は、まずはお電話等でご相談ください。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
Q.母子健康手帳の交付を受けるには、どうすればいいですか。
A.産婦人科を受診して、妊娠届出書を交付してもらい、子ども課にお持ちください。
健康保険証、印鑑が必要です。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
関連記事:http://www.city.yaita.tochigi.jp/site/child/ninsin.html
Q.里帰り出産する予定ですが、こんにちは赤ちゃん訪問はどうすればいいですか。
A.こんにちは赤ちゃん訪問は、4か月未満の赤ちゃんとお母さんを、保健師が家庭訪問して、子育てに関する情報提供や、育児相談をお受けするものです。
里帰り中は、里帰り先の市区町村の保健師が訪問しますので、子ども課へご相談ください。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
Q.出生届と同時に行う手続きについて教えてください。
A.・こども医療費受給資格者証交付の申請
・児童手当認定請求(公務員の方は、職場で手続きになります)
・やいたみらいっ子誕生祝金の申請(第2子以降の方が対象です)
・乳幼児健康カードの作成

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
関連記事:http://www.city.yaita.tochigi.jp/site/child/umaretara.html
Q.出生届は、どこにだせばいいのですか。
A.届出先:
・父母の本籍地
・届出人の住所地(所在地)
・出生地(生まれた病院がある市区町村役場)
(夜間に届ける場合は、矢板消防署でお預かりします)

届出期間:
生まれた日から14日以内
(生まれた日を1日目とします)

届出人:
生まれたお子さんの父または母
(代理の方が、出生届を持参される場合でも、父または母の署名が必要です)

届出に必要なもの:
・届書1通・届出人の印鑑・母子健康手帳・健康保険証(お子さんが加入する予定のもの)

問い合わせ先:市民課 0287-43-1117
関連記事:http://www.city.yaita.tochigi.jp/soshiki/simin/kosekitodoke.html
Q.親が出産で入院する場合、上の子どもを宿泊であずけられるところはありますか。
A.保護者の病気等の理由により、家庭でお子さんを養育することが一時的に困難となった場合に、児童福祉施設(乳児院や養護園)において一定期間(原則7日間まで)お子さんをおあずかりすることができます。
利用の申し込みは、子ども課です。

また、一時保護や里親が一定期間お預かりすることもできます。詳しくは、県北児童相談所(0287-36-1058)へお問い合わせください。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
関連記事:http://www.city.yaita.tochigi.jp/soshiki/kodomo/kosodatetankisien.html
Q.産後イライラしたり、落ち込んだりします。相談できるところはありますか。
A.産後は赤ちゃんの世話や家事など忙しい毎日の生活となり、お母さん自身の体も変化することがあります。体調をくずしたり、気持ちが落ち込んだりしてしまうときは、保健師が相談をお受けします。訪問相談希望の方は、電話で予約が必要です。緊急の場合は、医療機関を受診しましょう。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
Q.妊婦健診や出産に係る費用を、援助してもらえますか。
A.母子健康手帳交付のとき
・妊婦健康診査受診票
妊婦健診14回分の受診票をお渡しします。
・妊産婦医療費受給資格者証の交付
母子健康手帳交付の月初めから出産した翌月末までに医療機関にかかった場合に、支払った費用(保険診療分)を申請により助成します。

出産前
・出産育児一時金(直接支払制度)
国民健康保険被保険者が出産する際、出産する医療機関と「一時金の申請・受取を医療機関等に委任する」旨の書面を取り交わすことで、市から直接医療機関へ支払われます。
国民健康保険以外の方も同様の制度があります。(ご加入の健康保険へ直接お問い合わせください)

出産後
上記制度を利用しなかった場合または、医療機関からの出産費用請求額が一時金を下回った場合の差額は、請求により世帯主に支給されます。

問い合わせ先:
子ども課 0287-44-3600
健康増進課 0287-43-1118

関連記事:http://www.city.yaita.tochigi.jp/site/child/ninsin.html
Q.母親学級や両親学級ではどのようなことをするのですか。
A.出産予定の病院で行っています。各病院にお問合わせください。