子育て(乳幼児・幼児)のQ&A

 

サイトについて

子育て(乳幼児・幼児)の使い方についてのQ&Aです。

Q.子育て情報誌はありますか。
A.「矢板市子育て応援ブック」は、母子健康手帳交付のとき、「矢板市育児ガイドブックすこやか」は赤ちゃん訪問のときに配布しています。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
Q.子どもと出かけたとき、おむつ替えができるところはありますか。
A.赤ちゃんの駅は、乳幼児のお子さんがいる親の外出を支援します。

施設一覧 https://www.city.yaita.tochigi.jp/site/child/akatyannoeki-shisetsu.html
問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
Q.子どもの身長や体重を測定できるところはありますか。
A.乳幼児健康相談で、身体測定ができます。お電話で事前予約が必要です。

日程:http://www.city.yaita.tochigi.jp/site/child/soudan-kyousitu-kateihoumon26nendo.html
問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
Q.子どもが夜中に具合が悪くなったとき、診察してくれる病院はありますか。
A.急な病気やけがをしたときに、あわてないように普段から急な事態に備えておくことが大切です。
自宅近くに「かかりけ医」を見つけ、急な事態の場合に適切なアドバイスを受けることをお勧めします。
土・日・祝日の夜の急な事態は、「塩谷地区おとな・こども夜間診療室」で診察を行っています。お電話で確認の上、受診してください。
緊急な場合は、救急車を呼んでください。

問い合わせ先:
塩谷地区おとな・こども夜間診療室
しおや(国際医療福祉大学塩谷病院) 0287-44-1155
くろす(黒須病院) 028-682-8811
矢板市救急医療情報 http://www.city.yaita.tochigi.jp/site/kyukyuiryou/
栃木県医療情報ネット http://www.qq.pref.tochigi.lg.jp/ap/qq/sho/pwtobansr01.aspx
とちぎこども救急電話相談 http://www.pref.tochigi.lg.jp/e02/advice/fukushi/iryou/totigikodomokyuukyuudennwasoudan.html
関連記事:http://www.city.yaita.tochigi.jp/site/kyukyuiryou/
Q.子どもの健診について教えてください。
A.お子さんの順調な成長・発達と健康を守るため、乳幼児健康診査を行っています。
健診の案内は、対象となるお子さんに個別通知いたします。
3か月児健康診査の案内は、こんにちは赤ちゃん訪問時にお渡しします。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
Q.親が出産で入院する場合、上の子どもを宿泊であずけられるところはありますか。
A.保護者の病気等の理由により、家庭でお子さんを養育することが一時的に困難となった場合に、児童福祉施設(乳児院や養護園)において一定期間(原則7日間まで)お子さんをおあずかりすることができます。
利用の申し込みは、子ども課です。

また、一時保護や里親が一定期間お預かりすることもできます。詳しくは、県北児童相談所(0287-36-1058)へお問い合わせください。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
関連記事:http://www.city.yaita.tochigi.jp/soshiki/kodomo/kosodatetankisien.html
Q.ファミリーサポートセンターはどんなことをしているのですか。
A.ファミリーサポートセンターとは、子育ての支援をしてほしい人(依頼会員)と、手助けしたい人(提供会員)がそれぞれ会員となり、お互いに助け合いながら、地域全体で子育ての支援をしていこうとするものです。
センターは、依頼会員の求めに応じ、条件に合った支援ができる提供会員を紹介し、会員相互の子育てをサポートします。
具体例として、学童保育終了以後の預かり、親の外出の際の預かり、保育所(園)の送迎、習い事の送迎、等の支援を行います。

問い合わせ先:矢板市社会福祉協議会 0287-44-3000
関連記事:http://yaita-shakyo.org/s_childcare.html
Q.母親クラブについて教えてください。
A.市内の児童館(矢板・東・片岡)ごとに、小学校に入る前のお子さんとお母さんが、小さいお子さんと遊んだり若いお母さんたちとお話しをしたり、イベント等に参加できます。活動は主に平日の午前中です。
詳細は、各児童館にお問い合わせください。
矢板児童館:0287-43-3974
東児童館:0287-43-5988
片岡児童館:0287-41-7171

関連記事:http://www.city.yaita.tochigi.jp/site/child/hahaoyaclub.html
Q.子どもの発達が遅れていると言われました。相談できるところはありますか。
A.子どもの発達(運動・ことば・社会性等)に関する相談は、市の保健師や心理士が電話や面接での相談をお受けします。面接相談は事前予約が必要です。保護者の方の意向とお子さんの状態を確認しながら、各関係機関を紹介します。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
Q.近所で子どもの泣き声や親の怒鳴り声がきこえて気になります。相談できるところはありますか。
A.地域の中で「もしや虐待されているのでは・・」など疑わしい場合やお気づきのことがあった時は、子ども課または県北児童相談所に相談(通告)してください。
虐待ではなくとも、あなたからの相談は、困っている親子が支援を受けるきっかけになるはずです。相談した人が特定されてしまうような情報は決してもらしません。秘密は必ず守られます。

問い合わせ先:
県北児童相談所 0287-36-1057
子ども課(平日) 0287-44-3600
夜間・休日 090-5310-0779/090-5310-6126
Q.子どもが外遊びできる公園を教えてください。
A.長峰公園は、「つつじの郷・やいた」の顔として市民に親しまれている矢板市の代表的な公園です。シンボルタワー、雑木林、多目的広場、遊具広場、日本庭園、などがあります。春にはサクラやツツジが咲き乱れ、5月にはツツジ祭りも開催されます。
また、長峰公園以外にも市内には、公園が多数ありますので、下記のとおりご案内します。

関連記事:http://www.city.yaita.tochigi.jp/soshiki/toshikensetu/park.html
Q.チャイルドシート購入の助成や貸出はありますか。
A.チャイルドシート購入について、かかった費用を助成する制度はありません。また、チャイルドシートは、長い期間使用するものであり、乳幼児が使用するため清潔を保たなければなりませんので、貸出する制度もありません。
Q.就園前ですが、同じ年齢の子と交流できるところはありますか。
A.泉保育所、各私立保育園、各私立幼稚園では、就学前のお子さんと保護者を対象に「親子で遊ぼう」や0歳からのお子さんと保護者を対象に「子育てサロン」事業を行っています。市の広報紙やホームページにイベント内容と日程を掲載しています。

関連記事:http://www.city.yaita.tochigi.jp/site/child/kosodatesien.html