子育て施設(保育所(園)・幼稚園)のQ&A

 

サイトについて

子育て施設(保育所(園)・幼稚園)の使い方についてのQ&Aです。

Q.子どもが病気でも、親が仕事の場合、あずけることができますか。
A.お子さんが病気にかかり、急性期を過ぎて「回復期」に入った時、病後児保育室で、おあずかりすることができます。
おあずかりできる施設
・ぴっころ保育園(定員4名)
申し込みは、子ども課で受け付けしています。

お子さんが病気にかかっている時、および病気にかかり、急性期を過ぎて「回復期」に入った時、おあずかりすることができます。
おあずかりできる施設
・済生会宇都宮乳児院(028-626-5811
申し込みは、済生会宇都宮乳児院で受け付けしています。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
関連記事:http://www.city.yaita.tochigi.jp/site/child/byougoji.html
Q.保育所(園)の入所(園)申し込みはいつからできますか。
A.保育所(園)の入所(園)の申し込みは、子ども課窓口で受け付けしています。
年度途中の入所(園)は、原則、入所(園)希望月の前月10日までに申し込み書の提出が必要です。
年度当初の入所(園)は、前年10月頃から、各保育所(園)で受け付けしています。広報紙やホームページにて案内しています。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
関連記事:http://www.city.yaita.tochigi.jp/site/child/hoikusho2410.html
Q.保育料の引き落としはいつですか。
A.毎月25日に当月分の保育料を引き落とします。残高不足のため引き落としにならない場合は、納付書によりお納めください。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
Q.欠席した場合、保育料はかかりますか。
A.保育所(園)を退所(園)しない限り、出席欠席の有無にかかわらず、保育料は全額かかります。

問い合わせ先:子ども課0287-44-3600
Q.離婚・再婚した場合、保育料は変更になりますか。
A.離婚・再婚して世帯構成が変更になる場合、保育料が変更になります。子ども課へご連絡ください。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
Q.年度途中で3歳になった場合、保育料は変更になりますか。
A.保育料は、入所(園)年度の初日の前日(=3月31日)の満年齢を基準とするため、年度途中の変更はありません。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
Q.現在、上の子が保育所(園)入所(園)中です。下の子の育児休業期間中に、上の子をあずけることはできますか。
A.原則として、下のお子さんの育児休業期間中でも上のお子さんを継続してあずけることができます。上のお子さんについて、育児休業取得時の手続きは必要ありませんが、継続入所(園)申し込みの際(年度当初)には、保護者の就労状況を確認させていただきます。また、育児休業取得期間を短縮・延長などの変更をする、取得しないで離職する、職場復帰を取りやめて離職する等の場合は、必ず子ども課までご連絡ください。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
Q.矢板市外から市内へ引っ越す予定ですが、市内の保育所(園)にあらかじめ通うことはできますか。
A.現在お住まいの保育所(園)担当課で手続きしてください。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
Q.入所(園)中ですが、市外へ引っ越す場合、引き続き同じ保育所(園)に通うことはできますか。
A.住所変更届を在籍している保育所(園)に提出し、市外の保育所(園)担当課で手続きしてください。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
Q.保育所(園)の退所(園)手続きについて教えてください。
A.各保育所(園)へ「退所(園)届」を提出してください。届書は各保育所(園)にあります。
退所(園)したあと、再度保育所(園)に入所(園)する場合は、再度申し込みが必要です。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
Q.保育料について教えてください。
A.保育料は、原則として児童と生計を同じくする父母の課税状況により決定します。

保育料算定表 http://www.city.yaita.tochigi.jp/site/child/hoikusho.html
問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
Q.保育所(園)の空き状況を知りたい。
A.子ども課または各保育所(園)に、お問い合わせください。

問い合わせ先:
子ども課 0287-44-3600
各保育所(園) http://www.city.yaita.tochigi.jp/site/child/hoikusho.html
Q.休日でも、親が仕事の場合、あずけることができますか。
A.日曜・祝日等において、勤務等によりお子さんを保育できない方を対象に、おあずかりすることができます。
おあずかりできる施設
・ぴっころ保育園
申し込みは、子ども課で受け付けしています。

問い合わせ先:子ども課 0287-44-3600
関連記事:http://www.city.yaita.tochigi.jp/soshiki/kodomo/kyujituhoiku.html
Q.公立保育所(園)と私立保育所(園)の違いを教えてください。
A.矢板市直営か民間運営の違いです。運営母体により保育方針が異なりますので、見学をして希望するところを決めていただくことをお勧めします。法律により、公立・私立にかかわらず保育所(園)の入所(園)申請や入所(園)選考、保育料の決定、徴収は市が行うことになっております。保育所(園)の入所(園)を申請される場合は、公立・私立にかかわらず子ども課で手続きしてください。

矢板市内保育所(園)一覧 http://www.city.yaita.tochigi.jp/site/child/list27-42.html
Q.幼稚園に通っていますが、夏休みだけ保育所(園)に通うことはできますか。
A.幼稚園に在園しながら保育所(園)に入所(園)することはできません。
Q.子どもに食物アレルギーがありますが、給食は食べられますか。
A.概ね、食べられます。入所(園)申込書に、アレルギーの旨(除去するもの)を記載してください。
Q.認可保育園と認可外保育園の違いを教えてください。
A.認可保育園とは、施設・園庭の広さや職員の数、保育内容について国が定める児童福祉施設最低基準を満たし、児童福祉法に基づく児童福祉施設として認められた施設です。それ以外は認可外保育施設となります。
認可保育園は国が定める保育指針に基づいて保育を行なっていますが、保育方針は園ごとに異なるため具体的な保育の内容も園により様々です。一方、認可外保育園は、国の児童福祉施設最低基準の全てを満たしているわけではないですが、家庭的な雰囲気を生かしたり幼児教育に力を入れたりするなど、特色ある保育を実施しているところです。
認可保育園は、法律により、公立・私立にかかわらず入園申請の受付や入園選考、所得に応じた保育料の決定や徴収を市が行うことになっていますが、認可外保育園は入園受付や保育料の徴収を園で行っており、保育料も各園で設定しています。
Q.保育所(園)、幼稚園の違いを教えてください。
A.いずれも小学校入学前の子どもを受け入れる施設ですが、目的や役割が異なっています。
保育所(園)は児童福祉法に基づく児童福祉施設で、保護者や同居の家族が就労や療養などの事情で子どもを保育できない場合に、保護者に代わって保育します。また幼稚園は学校教育法に基づく学校教育施設で、義務教育やその後の教育の基礎を培うことなどを目的に子どもを保育します。
保育所(園)と幼稚園はこのように異なった目的や役割がありますので、保育内容や入園要件も異なっています。保育所(園)では福祉の観点から保育士による養護と教育が一体的に行われ、幼稚園では教育の観点から幼稚園教諭による保育が行われます。
一概には言えませんが、保育所(園)では給食と午睡(お昼寝)が一日の保育の流れに組み込まれている一方、幼稚園ではお弁当を持参する園もありますし、バスにより降園となり、夏休み・冬休み等の長期の休みがあるのが一般的です。