お知らせ詳細

 

サイトについて

利用できる病児保育施設が増えました

2017/04/28 12:00:00

病児保育とは、子どもが病気の回復期に至っていないため、通常の保育所等での保育が困難な場合で、さらに保護者が就労等の理由により家庭での保育ができないときに、専用施設で一時的に保育することです。

4月から、大田原市の「金丸こども園」で実施している病児保育も利用できるようになりました。
 

利用施設

国際医療福祉大学金丸こども園
(大田原市北金丸1863-101 電話:0287-48-6610)
 

対象

満1歳~小学6年生までの保育が必要な児童
 

利用時間

平日の8:00~18:00まで
 

利用料金

1日2000円
(生活保護世帯または市民税非課税世帯は無料)
 

利用可能な病気の範囲

感冒や消化不良症などの日常みられる疾患、
喘息などの慢性疾患、骨折や火傷などの外傷性疾患
 

そのほか

済生会宇都宮病院の病児保育施設「おはなほいくえん」
(宇都宮市竹林町941-3 電話:028-678-9600)も引き続き利用できます。
 

問い合わせ

子ども課:0287-44-3600