妊娠・出産アドバイス詳細

 

妊娠・出産の部屋

母子健康手帳と妊婦健康診査受診票

母子健康手帳は、健康診査や予防接種の記録、発達段階ごとのお母さんや、生まれたお子さんの記録をする手帳です。
母子健康手帳の中には、妊娠中から出産後にかけてのアドバイスなども書いてあるので、困ったときや不安な時の助けになります。
さらには2人目を授かった時にも、非常に役に立ちます。
交付をうけるときは、病院受診後、妊娠届出書を病院で書いてもらい、子ども課窓口にお持ちください。
 
母子健康手帳と一緒に、14枚の「妊婦健康診査受診票」が交付されます。
この受診票を病院窓口に提出して、健診受診してください。
出産前後に里帰りする場合は、できるだけ早めに出産する病院に連絡することが必要です。
「妊婦健康診査受診票」は、基本的には、矢板市が委託している病院での健診が有効ですので、里帰り等で、県外で妊婦健診を受診される場合は、子ども課へご連絡ください。
「母子健康手帳」と「妊婦健康診査受診票」は、万が一紛失してしまった場合、再発行ができます。子ども課窓口で手続きしてください。
「母子健康手帳」は、出産した病院や子ども課で、健診や予防接種等の記録を再記入してもらえます。
 
転入先の妊婦関係窓口に「母子健康手帳」と「妊婦健康診査受診票」を持って行きます。
矢板市発行の受診票が使えなくなる為、未使用の分の受診票を交換します。